【eBay輸出】CPaSSのSpeedPAKで返送する場合の再輸入免税の方法

こんにちは。田舎で子育て×インドアJOY!のeBayセラーERIです。

  • 返品される商品にも関税がかかるの?
  • 再輸入免税の手続き方法が知りたい

このようなお悩みを解決していきます。

実はeBayでの返品商品であっても、手続きをしないと新たな輸入品として輸入関税がかけられてしまいます。

この輸入関税を免税してもらうことを「再輸入免税」と呼び、各配送会社の輸入通関部担当者への申請が必要になります。

eBayの発送方法としてCPaSSを利用される方が増えていると思いますので、今回はSpeedPAK(FedEx)で発送した商品を返送する場合の免税手続きについて解説していきますのでぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

返送された商品に関税はかからない

きちんと事前に手続きをしておけば返送された商品に対して輸入関税はかかりません。

バイヤーの現地の郵便局からUSPSなどで返送してもらう場合は、返送伝票やダンボールに「Returned goods」と記載したり、発送時のラベルを中に同梱してもらうことで返送商品であることを証明できれば関税をかからなくすることも可能です。

ですがこれはUSPSの場合だけです。

クーリエ(FedEx、DHL)で返送する場合は、事前に再輸入免税の手続きを自身で行う必要があります。

再輸入免税の適用条件

  • 日本に再輸入する際に輸出時と形状、性質などが同一であること
  • 輸出許可を得て日本から輸出されたものであること

再輸入免税が適用になるかどうかは申告先税関官署の担当者の判断によるため、申請をしたからといって確実に免税になるというわけではないようです。

輸出時の製品との同一性を証明する方法として、輸出入両方のインボイスまたは発送ラベルに製品のシリアル番号や管理番号を記載しておくことが推奨されています。

CPaSSで返送ラベルを発行してもらう場合であっても、CPaSS側で再輸入免税の手続きはしてもらえませんので、各配送会社に自身で直接申請します。

再輸入免税の流れ

FedExで返送される場合の再輸入免税の手続きは、貨物到着日の1営業日前までにそれぞれのカスタマーサ ービスまで連絡する必要があります。

到着が早いので、日本に入国してしまうとあっという間に通関手続きが終わってしまい、免税申請が手遅れということになりかねませんので

バイヤーに返品ラベルを送ったらすぐに、再輸入免税の手続きを進めておきましょう。

日祝日を挟む場合には、FedExのカスタマーサービスに対応してもらえないため、輸入通関に間に合わせるためにバイヤーに発送日を遅らせてもらうよう依頼しておくといいかもしれません。

  • バイヤーに返送ラベルを送る
  • 各配送会社に電話で再輸入免税の手続き依頼
  • 必要書類をメールに添付して配送会社へ提出する

①バイヤーに返送ラベルを送る

まずはCPaSSで返送ラベルを発行してもらいバイヤーに送ります。

返送ラベルの発行方法についてはこちらで解説しています↓↓↓

あわせて読みたい
eBay SpeedPAKのラベル印刷やCPaSSでの発送方法を解説【DHL最新情報】 こんにちは。田舎で子育て×インドアJOY!のeBayセラーERIです。 SPeedPAKのラベルを作成したい CPaSSの具体的な操作方法が知りたい SpeedPAKセラーポータルへの入り方が...

②各配送会社に電話で再輸入免税の手続き依頼

FedExのサービスで返送されてくる場合は、FedEx内の輸入通関部担当者が関税の処理をおこなうことになっているので、

FedExへ直接再輸入免税の手続きを電話で申請します。

FedExカスタマーサービス:0120-003-200(フリーダイヤル)

月曜日~金曜日 8:30~18:30

土曜日 8:30~17:30

このときに輸出追跡番号と輸入追跡番号、再輸入免税をしたい旨を伝えましょう。

③必要書類をメールに添付して配送会社へ提出する

②の段階でFedEx担当者のEメールアドレスを教えてもらえるかと思いますので

そちらに必要書類3点を添付して送信して再輸入免税の申請が完了します。

必要書類の準備については次で解説しています。

再輸入免税に必要な書類

まずは再輸入免税の手続きをする前に以下の必要書類を用意しましょう。

  1. 輸出コマーシャルインボイス
  2. 輸入コマーシャルインボイス
  3. 輸出許可通知書

基本的にはこの3点の書類で良いと思いますが、別途配送会社から追加書類の提出を依頼される場合もあります。

発送および返送方法がSpeedPak via FedExの場合を例に必要書類の準備について説明していきます。

①輸出コマーシャルインボイスの準備【CPaSS版】

「CPaSS注文画面」>「配送済み」>該当商品の右上「アクション」>「請求書を印刷」をクリックします。

コマーシャルインボイスが表示されるのでダウンロードします。

②輸入コマーシャルインボイスの準備【CPaSS版】

CPaSSで返送ラベルを依頼すると、メールで返送ラベルとコマーシャルインボイスが送られてきます。

以下のコマーシャルインボイスをダウンロードします。

輸出コマーシャルインボイスでは輸出者の欄に、セラーの情報が記載されていますが

輸入コマーシャルインボイスでは輸出者の欄がバイヤーの情報になっています。

③輸出許可通知書の準備【FedEx版】

輸出許可通知書のダウンロードはCPaSSからはおこなうことができません。FedExの公式サイトから申請をします。

FedExの公式サイトの右上検索マークから「輸出許可通知書」と検索>「出荷貨物の輸出許可通知書を入手したいのですが?」をクリックします。

「こちら」をクリックします。

必要事項を記入して「送信」をクリックします。

1~2営業日ほどで指定したEメールアドレスへ輸出許可通知書が送られてきます。

①~③の書類がそろいましたら、FedEx担当者のEメールアドレスへ添付して送信しましょう。

まとめ

CPaSSのSpeedPAK(FedEx)で返送する場合の再輸入免税の書類の準備方法や申請の流れについて解説しました。

なお、FedExは内容点検の手数料として1時間あたり7,000円の手数料が請求されることもあるようです。

私は今のところ内容点検を実施されたことがなく請求もされたことはないのですが、

発送時の商品との同一性が確認できない場合は内容点検が発生する可能性があります。

詳細については各配送会社にお問い合わせください。

そんな私ですが普段はeBayでカメラをメインに販売しています。

まだeBayを始めていない人やカメラ初心者の人にとっては難しそうかもしれませんが、まずは実際やってみることが大切です!

何かご質問がありましたら、LINE登録やメール登録後のアドレスから私、ERIへ連絡ください。

カメラの知識ゼロの状態からeBayカメラ輸出を始めて人生が変わった。という私の経験が、このブログを読んで下さった方のお役に立てるかもしれないという思いでノウハウの発信をしています。

まずは自分の力で10万円稼ぎたいと思ってる方やeBayカメラ輸出に興味を持っていただけた方に、ゼロから月収10万円までのロードマップ【Camera First Manual】をプレゼントしています。

(クリックしてエラーになった場合プレゼント配布期間が終了しています。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次